Rhythm Sakamoto Projects

アナログを、デジタルに。

面白いものをいろいろな方と一緒につくっています。迷路はいいぞ。

詳しく

About Me

名古屋工業大学情報工学科 坂元律矛(りづむ)

趣味は工作

様々な学科の生徒とともに自分たちが面白いと思ったガジェットを作っています。

専攻は人工知能

大学では人工知能分野について学んでいます。最近の興味は身体拡張性です。

課外活動

中日本学生放送連盟にて「アナウンサー」「カメラマン」「ディレクター」として活動。

Contact Me

展示会へのお誘いなどありましたら以下のメール・ツイッターにお願いします。

  • info [at] amazeingmaker.com

Recent Projects

主な作品。

A mazeing!!

「アナログ的な遊びの魅力をデジタルによって高めること」をコンセプトに作成した、Arduinoを用いた迷路。扉や迷路の壁を移動させるスイッチを作動させてゴールを目指す。
ビー玉を転がして遊ぶ迷路とよく似ているが、迷路が光り、動き、まわり、玉がワープする。遊びとしては昔からあるものだが、様々なギミックが予想外の驚きや楽しさを感じさせる作品。

A mazeing!! MEGA

A mazeing!!の巨大版。最大12人で巨大迷路を囲み、最初は赤の他人でもゴールを目指すという共通目標のもとにコミュニケーションをとり、ゴールするときには仲良くなれる迷路。もちろん言語非依存なので世界中の人と一緒にプレイ可能。1プレイ15分程度。

Break Block Clock

「手を使わないで遊べるスタイリッシュなメガネ」をコンセプトに作成した、Arduinoを用いたメガネと置き時計。普段は温度計付き時計としてインテリアに利用できるが、メガネを頭に装着すると、途端にブロック崩しに変わる。ブロック崩しは、頭の傾きによりラケットを操作して遊ぶことができる。首を俊敏に動かし、アイテムを駆使してゲームクリアを目指せ。

Pinions

繋がり、伝播し、そして全てが廻ってゆく

縁の下の力持ちである「歯車」にスポットを当てた。繋がり、力が伝わって、回転する。そんな歯車の面白さを素直に伝えることを目指した。回っている歯車に次の歯車を噛み合わせると、回転とともに光が伝播していく。光る歯車をならべて楽しむインタラクティブアート。

CUBO

パソコンやタブレット端末の普及によって、様々なボードゲームがディスプレー上で遊ばれるようになり、表現や新たなルールなどが考案された。それらによってゲームの幅が広がったと言える。しかし、リバーシで言えば相手の石を1つずつひっくり返す爽快感が、チェスで言えば相手の駒を取る時の優越感などが減少してしまったように感じられる。
「アナログゲームのデジタル化」によって増幅したゲームの楽しさを保ちながら、アナログならではの楽しさを付加させることができるような遊びをデザインし、完成したのがこのデジタルボードゲーム。

A mazeing!! maker

前人未踏の領域へ。

2018年2月11日16時55分公開

Copyright ©Rhythm Sakamoto 2018
A mazeing!!™️ A mazeing!!maker™️は特許出願済です。