A mazeing!! maker

A mazeing!!maker【アメイジングメーカー】は"未来の迷路"

迷路を作り、遊ぶ過程で論理的思考力とプログラミングの基礎を身に付けることができます。楽しく遊ぶだけで創造力を刺激し、デザイン・工作・電気などの様々な興味を触発し、そしてコミュニケーションのきっかけにもなります。


誰もが子供時代にハマる迷路作り。迷路の途中で鍵が出て来たり通せんぼをする怪物が出て来たりワープをしたり。そんな妄想を具現化しました。ブロックを組み替えて、あなただけの迷路を作ることができます。

迷路が光る!

迷路上にはキラキラ光る"スイッチ"があります。
そのスイッチを押すと...?

迷路が動く!

スイッチを押すとドアを開けたり閉めたりすることができます。

迷路が回る!

スイッチを押すと迷路をぐるぐる回転させることができます。

くわしい迷路のギミックについて

「A mazeing!! maker」キット内容

ブロック

6種類の基本ブロックを直感的に箱に詰めていくと迷路が完成します。そしてこの迷路キットはそれだけではありません。動くギミックを追加するだけで、未来の迷路を作ることができるのです。

  • 5種の基本ブロック
  • センサーブロック
  • ドアブロック
  • かいてんブロック

ブロックの作り方




電子パーツ

モータを内蔵したドアブロックとかいてんブロックは、それだけでは動きません。センサーブロックを用意して、それらを小さなコンピュータ「MAZE CORE」【メイズコア】に差し込むことで命が吹き込まれ、ギミックが動くようになります。

「MAZE CORE」にはすでにベーシックプログラムが書き込まれていますが、自分でプログラミングをして迷路を作ることもできます。

  • コードを小さなコンピュータに抜き差しして簡単にプログラミング
  • エディタで直感的にコーディングして自分でプログラミング

エディタページへ




MAZE CONTAINER【メイズコンテナ】

6マス四方の計36ブロックが入るコンテナと9マス四方の計81ブロックが入るコンテナの2種類を用意。一人で、友達で、家族で。様々な用途で使い分けることができます。

  • 一人で迷路作り
  • 友達と迷路作り
  • 親子で迷路作り
  • グループで迷路作り

こだわり

これは子供向けではない。大人も子供のようにワクワクし、熱中できる。
デジタルにのめり込みがちな現代人にアナログな楽しさを再認識させるガジェット。

論理的思考力を養う

この迷路は同じ道をなんども行き来することができます。さらにドアが開き、床が回ることにより、迷路は常に変化します。ギミックが増えれば増えるほど迷路の複雑さは増し、面白くなると共に難しくもなります。
A mazeing!!makerで作った迷路は作る際・解く際に論理的思考力を養うことができます。

失敗する経験を

この迷路を完成させることは、一筋縄では行きません。なんども失敗し、なんどもつくり直すことで自分の納得のいくこだわり迷路をつくりあげることができます。そのために、接着剤などを使わず誰でも簡単に繰り返しつくり直せる設計になっています。

使い方は無限大

この迷路キットは様々な方法で使うことができます。児童館やファブスペースでのワークショップ教材に、家族のコミュニケーションツールに、プログラミングの基礎を学ぶ際に、無性に迷路がつくりたくなった際に。様々なユースケースを想定し、応用性・拡張性の高いデザインになっています。

詳しくはこちら

coming soon!

順次皆様のお手元に届くように誠意製作中です。

A mazeing!! makerの写真



A mazeing!!™ A mazeing!!maker™は特許出願済です。
A mazeing!! maker™は、独立行政法人情報処理推進機構による 2017年度未踏IT人材発掘・育成事業の支援を受けて開発されました。
Copyright ©Rhythm Sakamoto 2017